footer
製品情報
HDS-502
HDS-502
HDA-250
HDA-150
CFD-400
USB-400
サポート
注文方法
ホーム
CFastアダプタ
コピーサービス
ミニ LEDディスプレイ
 タブレットチャージャー
HDS-700  定価268,000円(税別)


 SATAハードディスク(HDD)専用の7個書きコピー機です。

 ソース側HDDの内容を、ターゲット側HDD最大7個にコピー出来ます。
 ターゲット側HDDの数は7個以下なら何個でも構いません。1個〜7個まで同時にコピーします。同時7個のコピー時間は、1個のコピー時間に比べ、2〜3%増えるだけです。
 HDDを前面から接続し完全に内部に格納するので、省スペースです。接続ケーブル等も不要です。※新聞1ページの面積で3台設置できます

 動作の種類は以下の4つです。

FULL COPY
 ソース(オリジナル)側HDDの全てのセクタのデータを、ターゲット(コピー)側のセクタに、そのままコピーします。中身の同じHDDが出来ることになります。使用していないセクタのデータもコピーするため、時間はかかりますが、どんなフォーマットやOSのHDDでもコピーできます。

BRIEF COPY
 ソース(オリジナル)側HDDの使用しているセクタのみを、ターゲット(コピー)側のセクタにコピーします。ソース側のHDDのフォーマットを解析した後、使用セクタを選択し、コピーを行います。ソース側HDDとターゲット側の容量が違う場合でも、拡大処理などは行わないため、ターゲット側がソース側に比べて大容量でも、パソコン等で使用できる容量はソース側と同じになります。
 通常、コピー時間は、「FULL COPY」に比べて、かなり短くなります。

RESIZE COPY
 ターゲット(コピー)側HDDがソース(オリジナル)側より容量が大きな場合、ターゲット側HDDの容量に合わせてソース側の容量を拡大してコピーします。80GBのソース側HDDから320GBのターゲット側HDDにコピーする場合、「BRIEF COPY」ではターゲット側HDDはパソコンで80GBと認識され、「RESIZE COPY」では320GBと認識されます。
 通常、コピー時間は、「FULL COPY」に比べて短く、「BRIEF COPY」に比べて長くなります。
 
ERASE
 他用されたくない重要なデータが入ったHDDを廃棄したいときや、他のパソコンで使用したいときになどに内部のデータを消去してしまう機能です。ターゲット側HDDの全てのセクタに00Hを上書きします。
 「ERASE」後のファイルなどは復活できませんので、必要なデータの入ったHDDを間違えて接続しないようにしてください。

HDS−700は3.5インチHDD専用機です。2.5インチHDDを使用するときは、別売りコンバータHDB-D35をご利用ください。

 基本仕様

使用可能HDD容量 : 1G 〜4T(4000G)バイト
コピー速度(「FULL COPY」使用)
  理論値 : 12秒/1Gバイト
  実測値 : 17秒/1Gバイト
認識フォーマット(「BRIEF COPY」「RESIZE COPY」使用)
  FAT16、32 : DOS、Win95、Win98、WinMe
  NTFS : WinNT、Win2K、WinXP
  LINUX

本体
 外形寸法 : 364(H)×148(W)×250(D)mm (突起物は除く)
 重量 : 6.2kg
 使用環境 :
  動作温度 5〜40℃
  保管温度 -10〜60℃
  湿度    20〜80%(但し、結露しないこと)
 電源仕様
  消費電力 200W
  入力電圧 AC95〜260V
  入力周波数 47〜63Hz
  入力電流 MAX. 3A